***Substantial days*** 情報入手!リベンジ!

***Substantial days***

パンとケーキ作りが大好きです。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ 情報入手!リベンジ!TOP ・バゲット修行記録 ≫ 情報入手!リベンジ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

情報入手!リベンジ!

昨日のバゲ、2回続けて大失敗して、原因は何だろう????
って思ってたところに、しなもちゃんが、めっちゃ詳しく調べてくれて、メールをくれた♡

ふむふむ!!!!!なるほど~~!!!
そっか~!!

ってなると・・・・・もう焼きたくてうずうず・・・(^_^;)

ハイ、、、、、、、もぉ朝から仕込んじゃいましたわよ・・・爆!

帯切れの原因として、発酵不足と形成時に強く締めすぎ・・・。
これは、itarunrunさんからもアドバイスがあったのだけど、よし!気を付けてやってみよ~♡


まず、今日やったバゲの工程を覚え書きしておきます。


レシピは昨日焼いたitarunrunさんのお家にあるものでフランスパン。

ホームベーカリーに材料を入れ(イーストも)7分間コネ!
取り出してボウルに移す。

オーブン発酵機能で、40度でまず50分。

b20121129k.jpg

発酵の見極めは、指に粉をつけて押した時に生地に指の跡が残り手につかない事。

50分の時に少し指について来たので、もう10分おいて40度1時間で一次発酵しました。


2分割した後、丁寧に生地を抑え軽くガス抜き。その後3つ折りの俵状にしてベンチタイム20分。
今日の室温は14度です。

形成は、生地を伸ばし、両側から中央に指を押し込むように折り、それを半分に折って閉じる。この時、最近結構きつめにしめてたけど、今日は軽くにしてみた・・・。

室温14度なので、オーブンの発酵機能を使い・・・
30度で30分。
オーブンの温め時間があるので、そのままの状態で17分。(余熱タイム)

b20121119e.jpg

そうそう、パンマット大きすぎて発酵するときにオーブンに入らなくて、ちょん切った!笑
で、銅板とか持ってないので、パンマットの下に細くカットしたクッキングシートを忍ばせて、焼く時のクッキングシートの上に乗せやすいように・・・。


発酵完了!2倍になりました。

       b20121119g.jpg


さて、クープ入れ!
いつもは、3本か4本なんだけど、itarunrunさんのは5本入ってたので、今日は5本。

昨日は4本のと5本のにしたのだけど、確認したい事があったので同じ本数にしました。

       b20121119d.jpg

なんか、生地がすごく良くて、クープが、、、すぅ~って入った♡

オリーブオイルたらして・・・

       b20121119c.jpg

最近はオーブンのフランスパンコースで焼いてるので、それで・・・
私のは、東芝の石窯なので、300度余熱、250度で10分→段々下がり→29分設定だけど、23分でオーブンから出す。を試しました。


それが・・・昨日も不思議に思った事・・・・・

それは、奥へ入れた方のが、すぐにクープが開きだし、そしてすぐに帯切れする。
昨日のバゲの酷い帯切れのバゲは、奥へおいたもの。

今日もそう・・・・・!

b20121119b.jpg

見えにくいかな?手前は切れてないけど、奥はすでにほぼ切れはじめた。
オーブン入れて2分後くらい・・・。

そう、、、これを実証したかった・・・。
最初、4本クープだからとか、5本クープだから?って思ってたけど、発酵の時も奥にある方が発酵されてるんだ!って事と、奥の方が温度が上がりやすいのでは・・・?って事。


ハイ、焼きあがった今日のバゲは・・・・・


       b20121119a.jpg


右のバゲはオーブン手前ので、帯切れなし。クープ開き、軽いエッジ。

左バゲはオーブン奥の物で、みごとに切れました(^_^;)


でも、帯切れなく焼けたのは最近では珍しい事だったから、発酵の目安がなんとなく分かったかな。


今度は、やっぱり1本焼きします。(2本だと、食べきれない~~~(^_^;))&オーブンムラ!

また修行記録残していきます。

夏と冬では全然違うしね・・・(^_^;)

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。